猫と恋人とTakato。

パンセクシャルが語るあれやこれや。

背後注意。タイのBLドラマ「What the duck」が熱い。

色んな意味でご無沙汰です。Takatoです。

最近ネタに困ってたので更新ストップしてました。というか、色々書いてストックしただけ。

最近起きた事といえば、熱で二日寝込んだ………それだけ。恋人も忙しく、俺が寝込んだのも重なって2週間会ってません。一応、平和。

今日はとあるドラマの話を少し。

先月タイのBLドラマを観てたんですが、超面白かったです。全20話で初回だけ1時間と長く、2話から30分から40分程度。


What the duck the series | Official Trailer

「What the duck」という、「隣の家族は青く見える」とほぼ同時期に放送されたドラマのようです。

メインカップルは作中では両方ゲイではなく、ノンケ。しかも、初期の頃は険悪

f:id:TakaTo:20180411023632j:plain

信じられるか、こいつらノンケ設定なんだぜ。1話ラストでこれ。

俺は過去にポッキーキスを罰ゲームで友達のファーストキスを奪ったやったことがありましたが、この目玉焼きを隔てたキスには遠く及ばないと思います。それとも、タイでは普通なんだろうか。だれか教えて

喧嘩を繰り返す内にタチ(Oat)が恋心を自覚し、その後ウケ(Pop)も………といった感じ。基本片方がゲイの話が多い中、両方ノンケなのは斬新。ただし、ウケの方は多少ゲイっぽく描かれています。

ここで突然ですが、作中で語られたタイ目線のこれはゲイチェックリストをどうぞ。

①肌のクリームどころか、ファンデーションも使う。美容の鬼。
②タバコ嫌い。
③サッカー嫌い。でも、バレーボールは好き。
④踊るとき、腰をくねくねさせる。
⑤アヒル(ヒヨコ)好き。というより、可愛いもの好き。
⑥最近彼女と別れた(これは意味不明)。

………総太は殆ど当て嵌まってます。

Oat &Pop編は純愛で、多少のコメディも織り交ぜながら物語が展開されるので見てて凄く面白かった。1話の冒頭、まさかの事後シーンしかも、ゴムの中身有りからスタートし、しばらくはそれまでの出会いや事後シーンに至るまでの説明がされます。10話前後で事後シーンだったかな?。

実際に距離が縮んで行くのは、伝説の13話から。外国の腐の方々に:

「この話だけであと数年は寿命が伸びたわ!!」。
「ウケが自覚し始めたわ!後一息よ!」。
「興奮で寝れなくなったけど、グッジョブよ!」。

…………腐のパワーは世界共通らしいです。

かくいう俺も今までBLで萌える事ってなかったのですが、13話で初めて萌えました。恋の自覚シーンって、なんでこう萌えるのだろう。

一方、このドラマでもう1組います。5話で登場し、既に恋人同士のセカンドカップルが実に生々しいです。

朝チュンからの適当なセリフ後、いきなりセックスシーンが始まります。

普通、ドラマで正常位のシーンを撮る時って基本顔から肩までしか映さないもんですが、このドラマではウケのお産のポーズ時の脚までバッチリ撮って出来るだけエロく撮ろうとする監督の心意気が伝わります。しかも、最後までやっている。

画像を貼るのも躊躇するので俳優さん達だけどうぞ。

↓以下、俳優さん達。タチ(Pree)&ウケ(Rambo)。

f:id:TakaTo:20180411024623j:plain

ただ、こちらは純愛というよりはリアルな悲劇担当。スタート時だけは幸せそうなんですが、すぐに結婚問題、ゲイアプリ、浮気、検査だとかを軸に物語が展開されます。メインカップルのコメディのコの字もないです。

このドラマで全世界が泣いたのは最終回の20話だったのですが、原因は大体こいつらのせい。個人的に遅効性の悲劇だったのか、数時間後俺も唐突に号泣する始末。BLで泣いたのは初めてです。

WTDのファーストシーズンは終わり、セカンドシーズンが6月放送らしいので今から楽しみです。ゼロからスタートしたメインカップルと、育んできたものが崩れ去るセカンドカップルの対比が良かったのか、タイと海外では結構人気あったみたいなので、日本語版があればオススメです。英語版とかは既にあります。

あと、EDの曲が凄く良かったです。タイ語はさっぱりのポンコツですが、歌詞をいつも通り調べて聞いたら色々思い出してまた泣いた。片想いしてた頃と、今を考えてしまってつい。

念の為、オフィシャル動画を貼っておきます。BLシーンが流れるので念の為背後注意。


คือหมดหัวใจ - บอย สมภพ (Ost.What the duck the series) OFFICIAL MUSIC VIDEO


この曲はブロガーで友人のじじ殿に紹介した事があったのですが、その時に歌詞翻訳するという話だったので以下、タイ語から翻訳(現地語、英語)されたものを更に翻訳(日本語)しときます。念の為、タイ語の部分はアルファベットで(合ってるか分かりませんが)追えるように追加しました。じじ殿、遅れて申し訳ない。


「Is all my heart」


Dai maung tur yoo dtrong nee gor dee tao rai
ここから君を見れるだけで十分

Dai piang pob tur nai fun gor dee mahk mai
夢で君に会えるだけで、素晴らしく思う

Dai gaut tur meua yahm ngao jai
例え寂しくても、君の腕を感じられるなら

Dai doo lae koy chet num dtah
君の涙を拭ってあげられるなら

Kae tao nun dtua chun mai koey kit bpai glai
それでだけで十分 それ以上はいらない


Tah proong nee mai wha tur ja bpen kaung krai
もし明日、君が誰かのところに行っても

Tah proong nee tur leuak dern tahng dai gor dtahm
例えどんな道を歩もうと

Yahk hai tur yah leum wah mee
お願いだから忘れないで

Chun samur tee praum yoo kiang kahng
僕がいつもそばにいる事を

Mai mee wun tee chun ja dern jahk bpai
絶対に君から遠ざかったりしない

(サビ1 リピート)

Kum wah ruk tee chun hai tur keu mot hua jai
これが君にあげられる愛情(想い)の全て

Mai wah nahn tao rai hua jai chun bpen kaung tur
どれだけの時が経っても

Sing diao tee chun taung gahn keu roy yim tur
僕はただ、君に笑顔でいて欲しい

Mai wung ja bpen jao kaung hua jai
君の心を引き換えになんて思わない

Kum wah ruk kaung chun mun bplae wah mot hua jai
僕の全てを掛けて 君を愛している

Tah meua rai tah krai tum tur hai jep chum mah
もし 誰かに傷つけられたら

Ja mee chun kon neung hai tur dai glup mah hah
君の帰れる場所として 僕は待っている

Jaa doo lae ja chet num dtah
その 涙を拭うよ

Jon hai dee
傷が癒えるまで

(2番)

Hahk dtaun nee cheewit chun aht mai leua krai
今、僕の隣には誰もいないかもしれない

Mai bpen rai chun yung wai yung kaeng raeng dee
でも、大丈夫 僕はまだ続けられる

Kae dai neuk teung wun tee mee
君がいつも一緒にいてくれた日々を

Tur kahng gai took nah tee
思い出すだけで

Kae nee gor mee kwahm sook yoo laeo
それだけで十分 幸せだよ

(サビ1 リピート)

(3サビ)

Kum wah ruk tee chun hai tur keu mot hua jai
これが君にあげられる愛情(想い)の全て

Mai wah nahn tao rai hua jai chun bpen kaung tur
どれだけの時が経っても

Sing diao tee chun taung gahn keu roy yim tur
僕はただ、君に笑顔でいて欲しい

Mai wung ja bpen jao kaung hua jai
君の心を引き換えになんて思わない

Kum wah ruk kaung chun mun bplae wah mot hua jai
僕の全てを掛けて 君を愛している

Tah meua rai tah krai tum tur hai jep chum mah
もし 誰かに傷つけられたら

Yung mee chun ror yoo
いつまでも 待っている

Dai proght tur dai glup mah hah
だから、帰っておいで

Jaa doo lae ja koy che num dtah
その 涙を拭うよ

Jon jai dee
傷が癒えるまで

…………切ない。でも、分かる気がする。

曲を聞いたら片想い時期の事思い出したので、振り返るという意味で次回書いてみようと思います。ではでは。