猫と恋人とTakato。

パンセクシャルが語るあれやこれや。

もうすぐ12月。

Takatoです。

f:id:TakaTo:20171127064827j:plain

猫かわいい。

日本ではそろそろイルミネーションが目立ってくる頃でしょうか。

日本の冬って、雰囲気が切なくて好きなんですよね。特にクリスマスシーズンは親子連れを見て思う事があったり、恋人がいる時はロマンチックだったり、1人の時はそんな周りを見てちょっと寂しさを感じたり。

色んな感情が街に溢れるあの独特な雰囲気が好きです。

クリスマスシーズンになると、凄く聴きたくなる曲がいくつかあります。

以下、早すぎるクリスマス・ソングベスト3

①83年発売 山下達郎「クリスマス・イブ」。

クリスマス・イブ

クリスマス・イブ

知らない人はいないかな^^。お店で流れて、独り身に精神的打撃を与える名曲。若い方はご存知ないかもしれませんが、「JR東海 クリスマス系」のCMの前に発売された曲で、当時はあまり売ませんでした。それがCMの曲に抜擢されて44位から急上昇して1位を獲得。今尚、クリスマスの曲は?と聞くと山下達郎さんの「クリスマス・イブ」と答える人は多いですね。

以下、CMを知らない人へ。


【CM 1988-92】JR東海 X'MAS EXPRESS 60秒×5

当時は携帯もメールもなく、約束の1つ1つが重かったけれどそれが心地良かった時代。ドタキャンする事は相手を1人で待たせ続け、傷付ける事にもなる。そんな不憫さの中にもストーリーがありましたね^^。無論今がダメとは言いませんが、あの「まだかな?来るかな?」ってドキドキが好きでした。個人的には「牧瀬 ver」が好きです。

続いて、これは若い人は知らない人もいるかと思います。

②95年発売 カズン 「冬のファンタジー」。

冬のファンタジー

冬のファンタジー

従兄弟という意味でカズン。小学生当時CDが欲しかったんですが曲名が分からず、帰国後やっと知ったという曰く付きの一曲。

以下、ビールのCMで使われました。


【冬を先取り】サッポロビール 冬物語 CM<冬のファンタジー>

カラオケで歌ったりするのですが、総太も友人も知らないので一人で歌っています。

右向いて男性パート、左向いて女性パートを歌い、サビの部分で誰かに手を差し伸べるようにそっと………

…………そんな寂しいパフォーマンスはやめろ?。分かりました、泣いてきます

いつも二人分のパートを一人で歌うのですが、あんま違和感ないので大丈夫です。一人でも歌えます。女性パートも女性的な歌詞(?)ではないので、同性同士でも大丈夫です。もし、パートナーがいれば歌ってみて下さい。

個人的に2番サビの「ただ そばにいて しあわせを 感じてる」の所が1番好きです。

次が最後。

岡本真夜そのままの君でいて」のカップリング曲である「Anniversary」。

ANNIVERSARY

ANNIVERSARY

記念日を迎えるにあたって色んな未来を描いていくという曲。そんな未来もありふれた普通の日々でそれ所以に素晴らしく、どんなに幸せかを感じられる一曲です。


ANNIVERSARY

岡本真夜さん………美人や……………。

海外のクリスマスは家族で過ごす習わしなので総太とは会えませんが、実はクリスマスを恋人と一緒に過ごした事がないので慣れてしまいました(年の初めに付き合い、年末前に分かれるパターンしか今までなかった)。

というわけで、お独り身の方も美味しいものを食べて、いつか来る明るい未来を描きながら「来年こそは」とポジティブにお過ごし下さい^^。

では、また次の記事でお会いしましょう。
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクマイ・嗜好情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 全性愛・パンセクシュアルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村